SketchUp Pro Japan

Informationサポート情報

0244SketchUpサブスクリプション使用マシン制限台数を超えた場合 【アクティブ化できる回数を超えています】2022.02.1 [Tue] UP

SketchUpサブスクリプションをお使いの方で「アクティブ化できる回数を超えています」と表示された場合の対処方法です。



「アクティブ化できる回数を超えています

To continue, please sign out of another instance of SketchUp, or use the link below to sign out of all versions you have authorized in the past. Then, click the profile icon above to sign out and try again. 」

上記はSketchUpサブスクリプションをお使いの方でSketchUp ProにサインインしているPCが制限台数を超えて使用していることを
お知らせしています。制限台数を超えてサインインしていると新たにサインインを行うことはできません。
ご使用されていないSketchUpからサインアウトを行うか、管理画面にて承認を取り消す方法があります。


【対処法】

SketchUpを終了してから、以下のサイトにアクセスします。
https://www.sketchup.com/

1. 右上の「Sign In(サインイン)」をクリックします。

2. サブスクリプションライセンスのメールアドレスとパスワードでサインインをします。

※ユーザーご自身がご自身のアカウント(SketchUpにサインインするアカウント)でサインインを行う必要があります。

以下の画面が表示される場合は「後で通知する」をクリックして進んでください。

3. 下図のAをクリックして、Bの「Manage My Account」を選択します。

4. アカウントを選択して、「私の製品」(My Products)を選択します。
※表示されている言語が英語の場合は、日本語に変更します。こちらの記事(日本語変更方法)←Click!を御覧ください。

5.下図の①の「含まれるアプリケーションを表示」(View Included Applications)を選択して、SketchUp Proの下にある②の「デバイス管理」(Manate Devices)をクリックします。

6. 下図のように表示されるので、「すべての承認を取り消す」(Deauthorize All)をクリックします。

7. 「完了」(Done)をクリックします。

8. 設定が完了しました。SketchUpを起動して、サインインができることをご確認ください。

※SketchUpのサインイン画面が表題のメッセージのままの場合は一度SketchUpからサインアウトを行い、再度サインインをしてご確認ください。


問題が解決しない場合、以下の記事の対処方法もお試し下さい。※事象は異なりますが同対処で問題が解決する場合があります。
サインインの際にブラウザが表示されない【SketchUpProサブスクリプション】


SketchUp Pro サブスクリプションライセンスは最大2台のコンピューターで認証できます。
これらの同時起動は規約違反となります。
SketchUp for Desktopをお使いいただくには、サブスクリプションを購入したユーザーでサインインしてお使いください。

関連項目/ LayOut, SketchUp Pro, SketchUp Pro2019, SketchUp Pro2020, SketchUp Pro2021, SketchUp Pro2022, SketchUp Studio, サブスクリプションライセンス, サポート情報,